便秘薬の種類について

市販されている便秘薬の種類についてまとめました。参考にしてください。

刺激性下剤
大腸の粘膜を刺激し蠕動運動を促す薬になります。 生薬の抽出成分や「フェノールフタレイン系」「ジフェノール系」「アントラキノン系」「その他」などの配合があります。

膨潤性下剤
水分を吸収することで便量を増やし排便を促す薬になります。 便のかたさが排便しやすいかたさとなりますが、作用は穏やかで即効性はあまり期待できません。 寒天が持つ便秘に効く作用はこれとよく似ています。

浸潤性下剤
かたくなった便に水分を含ませ、やわらかくする薬になります。

小腸刺激性下剤
小腸を刺激し腸の運動を活発にすることで排便を促す便秘薬になります。

浸透圧性下剤
腸に大量の水分を引きこむことで、便を軟らかくする便秘薬になります。習慣性がないため長期的に服用できるので、他の下剤と併用して使われることが多いです。

この他にも肛門から挿入して使用する坐薬や浣腸もあります。浣腸は直腸を刺激、坐薬は肛門から炭酸ガスを発生させて腸の働きを活発にします。 どちらも即効性があるのですが、常用すると直腸の感覚が鈍くなって、便秘がさらに悪化するので注意が必要になります。

相互リンク集