知っているようで知らない便秘薬の副作用について

出るものが出ない便秘の辛さは人それぞれ個人差があります。 辛い便秘を解消するために、便秘薬のお世話になってる方も多いと思います。

辛い副作用

しかし、便秘薬といえども所詮は薬ですので、当然ながら副作用も現れます。

妊婦さんや授乳婦さんは一般的に浣腸剤も含め、副作用の心配から便秘薬の使用は禁止となっています。 もちろん、妊婦さんや授乳婦さんでなくても、人によっては様々な副作用が現れてしまいます。

例えば、便秘薬との飲み合わせで胃粘膜障害を起こすケースもあります。 便秘薬を飲んで排便されるのは、本来、自然の働きで行われるはずの機能を人為的に起こしているからです。

そのため薬剤が腸に強制的に刺激を与えたり、薬剤が便を柔らかくしたりしています。もちろん身体には負担がかかります。

結果として、便秘薬の服用時に腹痛や下痢が起きたり、または常用することで大腸がより鈍くなり、便秘が慢性化するなどの副作用がある場合もあります。市販の便秘薬を利用する場合、リスクをしっかり理解しておくことが大切になるでしょう。

副作用のない便秘茶の売れてる人気ランキング!

便秘の副作用を気にすることなく、自然と排便を促す便秘茶がおすすめです。 便秘茶は精神的なリラックス効果も期待できます。

1位

桃花スリム「ステラ漢方」

毎朝中々出ない方、お肌にも良い便秘茶を探している方に最適です。 ビルベリー以上に栄養価の高い素材だけでなく、美容におすすめの素材を配合しているとてもおいしい大人気の便秘茶です。

2位

するっと抹茶「おつうじ屋」

便秘・下痢で悩む方に大人気!すべての素材が天然由来成分100%。 ネット限定販売なので他では購入できません。口コミだけで販売実績1000000杯です。

3位

デルモッティ「オーガニック生活」

22種の自然素材をブレンドした健康茶。 すっきりのキャンドルブッシュ、体を温めるショウガ、食物繊維豊富なゴボウ、香りのローズヒップとラズベリーなどを配合。

便秘薬の副作用で多い腹痛と吐き気

吐き気

便秘薬を飲んで胃痛がしたら副作用の可能性があります。 市販の便秘薬には、「アントラキノン系」というものがほとんどで、腸を刺激し、無理やり便を出すということを行ないます。

便を出すだけであれば問題ないのですが、その作用が強すぎることがあり、その反動で副作用も強くなってしまうのです。

吐き気、腹痛、腹部の膨張感、下痢などが主な副作用です。

便秘薬を日常的に服用していると、腸が荒れてしまい便秘がより深刻化してしまう場合があります。 それは、便秘薬を飲まずにはいられない状態になってしまうことです。

こうなると悪循環になって、腸がダメージを受けることによって、最終的には便秘薬なしでは排便ができないような状態にまで陥ってしまうことがあります。 どうしても便秘薬に頼る場合、長期ではなく、短期的に使うことを条件に使用することが大切だと思います。

相互リンク集